祝!MVP受賞!!大谷翔平モデル徹底解説 

大谷選手着用モデル
スポンサーリンク

本記事では大谷翔平選手がブランドイメージキャラクターを務めるSEIKOの腕時計について、着用モデル名、詳細スペック、SNS上での評判、また、店頭で試着した感想などをレビューします。

 グランドセイコーをレンタル 
SBGP013

SBGP013 税込7,480円/月

  • 月額4,378円(税込)からグランドセイコーをレンタル可能
  • 3ヶ月半額キャンペーン実施中
\高級腕時計のレンタル/
KARITOKE

大谷選手に贈呈されたグランドセイコーは?

2021年のMVP受賞を記念してグランドセイコーが贈られました。
大谷選手に送られたのは「SLGH005(通称 "白樺")」という2021年発売のモデルです。

SLGH005 1,045,000円

大谷翔平選手着用モデル

メジャー・リーグで大活躍中の大谷選手。彼と同じ時計が欲しい!と思う方も多いのではないでしょうか?
2021年11月現在、大谷選手がCMやポスターなどで着用しているSEIKOの時計は2種類あります。

プロスペックス SBDC101

大谷翔平選手が広告で着用している「SBDC101」は、1965年に発売された国産初のダイバーズウオッチを現代的にアレンジしたモデルです。

SBDC101は電池で動く時計ではありません。ぜんまいがほどける力を利用する機械式時計です。

プロスペックスとは

PROSPEX(プロスペックス)はセイコーウォッチが販売する腕時計ブランドのひとつで、ダイビングやトレッキングなど、スポーツ、アウトドアシーンに対応する本格機能を備えた腕時計を販売しています。



プロスペックス_SBDC101

 

品番SBDC101
駆動方式メカニカル 自動巻(手巻つき)
ムーブメント6R35
ケースサイズ横 40.5mm × 縦 47.6mm × 厚さ 13.2mm
精度日差+25秒~-15秒
防水200m潜水用防水
重さ180.0 g
価格143,000円(税込)

楽天市場で探す

Yahoo!で中古価格をチェック

SBDC101の口コミ・評価
・スーツに合わせてもおかしくないダイバーズウォッチが欲しくて購入。フェイスサイズがちょうど良い!この価格帯でこのクオリティなら大満足。
・文字盤の色合いのおかげか高級感があっていい
・精度はあまり期待してなかったが何日か使ううちに安定してきた
・セイコー5と迷ったが大谷選手にあやかりたくプロスペックスに
・ルミブライト付きなので会議中には隠してます

堀米選手も愛用!

東京オリンピックスケートボード男子金メダリストの堀米雄斗選手も、自身のTwitterに愛用時計としてSBDC101を紹介しています。

スポンサーリンク

SBDC101 のSNS上の評判

時計の針とインデックスにルミブライト(蓄光塗料)が施されているので、夜間や暗いところでも時刻が確認出来てとても使いやすそうですね!

スポンサーリンク

アストロン SBXC063

アストロン初となるオールチタンのモデルで、ステンレス製のモデルに比べ40%以上軽量化。
20気圧防水性能を有し、アクティブシーンでも安心して使えます。

アストロンとは

ASTRON(アストロン)はセイコーウォッチが販売する腕時計ブランドのひとつです。最近では岸田総理大臣が身に付けている腕時計として話題になりました。

アストロンは2012年に「世界初のGPSソーラーウォッチ」の発売とともに誕生しました。
GPS衛星からの電波を受信し、緯度・経度・高度の情報を取得することで世界中どこにいても現在地を特定し、素早くその場所の正確な時刻を表示します。
さらに、ソーラー発電により駆動するので頻繁な電池交換からも解放され、時計のメンテナンスに時間をかけられない方にオススメのシリーズです。

アストロン_ SBXC063
ルミブライトが塗布され暗所での視認性もバッチリ

SBXC063の口コミ・評価
・首相も愛用という事で気になり購入しました
・シルバー文字盤は初めて購入したが清潔感・高級感がある
・初代アストロンから性能が著しく進化していて驚きました
・他社のものより電波の受信が早くてストレスフリー
・アレルギー持ちなのでチタン製のこちらに決めました

 

品番SBXC063
駆動方式ソーラーGPS衛星電波修正
ムーブメント5X53
ケースサイズ横 42.8mm × 縦 50.3mm × 厚さ 14.7mm
文字盤カラーシルバー
精度非受信時平均月差±15秒
防水日常生活用強化防水(20気圧)
重さ 103.0g
価格286,000円(税込)

楽天市場で探す

Yahooショッピングで探す


試着レビュー

早速銀座にあるセイコードリームスクエアで大谷選手着用モデルを見てきました。入り口に大谷選手のパネルが置いてありました。
こちらの店舗にはプロスペックスSBDC101とアストロンSBXC063の両方が販売されています。どちらも問合せが非常に多いようですが、強いて言えばプロスペックスの方がより人気があるということでした。
プロスペックス_SBDC101の試着レビュー

筆者は普段グランドセイコーのクォーツモデルを着用しているので、それと比較すると機械式のダイバーズウォッチであるSBDC101は重量感がありました。

また、文字盤とベゼルの色合いは実際に見ると真っ黒ではなく濃いグレー色でした。
落ち着いた色合いでスーツスタイルにもマッチしそうです。

アストロン_SBXC063 の試着レビュー

普段は37mm(SBGT037)を身に着けているので、ケースの横幅が42.8mmあるアストロン_SBXC063はかなり大きく感じました。腕が細めの方は試着をオススメします。
ただ、サイズは大きめですがチタン製なので驚くほど軽いです。

実際に見るとバーインデックスが太く立体的で力強い印象で、アストロン_SBXC063は大谷選手のような爽やかスポーツマンに相応しい時計です。

まとめ

大谷翔平選手着用モデルの腕時計2種をご紹介しました。
通常モデルではありますが、品薄状態になりつつあるようなので気になる方は早めのチェックをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました