グランドセイコーの選び方(種類)

グランドセイコーの種類
スポンサーリンク
検討中の人
検討中の人

グランドセイコーは種類が多すぎてどうやって選んだらよいかわからない...

たしかにグランドセイコーには多くの種類があるため、いざ買おうとなった時にどのように選べばよいのか困ることもあるかと思います。

なので、ここではグランドセイコーにはどのような種類があるのかを分かりやすく解説したいと思います。

 グランドセイコーをレンタル 
SBGP013

SBGP013 税込7,480円/月

  • 月額4,378円(税込)からグランドセイコーをレンタル可能
  • 3ヶ月半額キャンペーン実施中
\高級腕時計のレンタル/
KARITOKE

1. 動力源別の種類

グランドセイコーには動力源が異なる3つの種類があります。

グランドセイコーの動力源はクオーツ(電池式)、メカニカル(機械式)、スプリングドライブの3つでそれぞれの特徴などは以下のとおりです。

<動力源別比較表>

動力源クオーツメカニカル(機械式)スプリングドライブ
デザイン
(代表モデル)

SBGT237
SBGT237

SBGW231
SBGW231
SBGA437
SBGA437
動力の概要電池ぜんまいがほどける力ぜんまいがほどける力
(クオーツのメカニズ
ムで高精度実現)
電池交換要(約3年に1回)不要
時刻合わせ不要必要
(3日間くらい使っていない場合)
精度±1秒/月±150秒/月±15秒/月
秒針の動き方1秒ごと小刻み滑らか
オーバーホールの
料金(目安)
36,000円程度(税込)42,000円程度(税込)47,000円程度(税込)
推定寿命
(筆者調べ)
50年50年以上最低30年
歴史浅く、不明
価格20万円~30万円程度50万円~60万円程度50万円~70万円程度


動力源別の選び方

上記を踏まえ、「どのような方がどの動力源のモデルを選べばよいか」について筆者個人の見解を簡単にまとめておきますので、参考にしていただければと思います。


グランドセイコーの選び方
  • できるだけ安く手に入れたい⇒クオーツ
  • 時刻合わせはしたくない⇒クオーツ
  • 電池交換は絶対したくない⇒メカニカルorスプリングドライブ
  • 絶対に50年以上使い続けたい⇒メカニカル
  • セイコーの最先端技術を体感したい⇒スプリングドライブ


なお、動力源別の寿命とオーバーホールに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。



スポンサーリンク

2. コレクション別の種類

グランドセイコーは動力源ではなく、コレクション別に種類分けすることもできます。

グランドセイコーにはHeritage Collection(ヘリテージコレクション)、Sport Collection(スポーツコレクション)、Elegance Collection(エレガンスコレクション)、Masterpiece Collection(マスターピースコレクション)の4種類のコレクションがあります。

これらは主にデザイン(見た目)や材質で分けられております。

それぞれのコレクションについて、1つずつ簡単に解説していきます。

① Heritage Collection(ヘリテージコレクション)

まずはHeritage Collection(ヘリテージコレクション)です。

「Heritage」には遺産や伝統といった意味があり、ヘリテージコレクションは伝統的なデザイン、ベーシックなデザインのものが多いです。

例えば以下のようなモデルがヘリテージコレクションです。

SBGA437

SBGA437

楽天で最新価格をチェック

amazonで最新価格をチェック

Yahoo!で最新価格をチェック

品番SBGA437
駆動方式スプリングドライブ(最大約72時間持続)
ムーブメント9F65
ケースサイズ横 40mm × 厚さ 12.3mm
精度平均月差±15秒
防水日常生活用強化防水(10気圧)
重さ157.0 g
定価539,000 円(税込)


SBGA211

楽天で最新価格をチェック

Yahoo!で最新価格をチェック

品番SBGA211
駆動方式スプリングドライブ(最大約72時間持続)
ムーブメント9F65
ケースサイズ横 41mm × 厚さ 12.5mm
精度平均月差±15秒
防水日常生活用強化防水(10気圧)
重さ100.0 g
定価682,000 円(税込)


このようにシンプルなデザイン、「ザ・グランドセイコー」といった感じのデザインのものはヘリテージコレクションに該当しますので、使っている人も一番多いのではないかと思います。

ちなみに上のSBGA211」というモデルは、「雪白」や「雪代」、「スノーフレーク」といった愛称で親しまれていおり、グランドセイコーの中でも非常に人気の高いモデルです。

「雪白」は、純白の和紙のようにも見える特殊な文字盤が最大の特徴です。画像ではわかりにくいのですが、本当にほかのブランドには真似できない絶妙な色と質感の文字盤になっています。


② Sport Collection(スポーツコレクション)

Sport Collection(スポーツコレクション)はその名の通り、基本的にはスポーティなデザインのモデルです。

以下のような良い意味であまりグランドセイコーっぽくないデザインのものが多いです。

SBGA229

SBGA229

楽天で最新価格をチェック

Yahoo!で最新価格をチェック

品番SBGA229
駆動方式スプリングドライブ(最大約72時間持続)
ムーブメント9R65
ケースサイズ横 44.2mm × 厚さ 14mm
精度平均月差±15秒
防水200m潜水用防水
重さ201.0 g
定価704,000円(税込)


SBGN005

SBGN005

楽天で最新価格をチェック

Yahoo!で最新価格をチェック

品番SBGN005
駆動方式電池式クオーツ
ムーブメント9F86
ケースサイズ横 39mm × 厚さ 12.1mm
精度年差±10秒
防水日常生活用強化防水(10気圧)
重さ149.0 g
定価363,000円(税込)


私もグランドセイコーのスポーツコレクションの実物(SBGN003)を着けてみたことがありますが、ごつすぎることもなく、スポーティの中に品があり、特にオフにぴったりだな(もちろんスーツにもいけそう)と思いました。

SBGN003着用写真
SBGN003着用写真

このようなデザインが好きな方は是非スポーツコレクションも選択肢に入れてみてください。

スポンサーリンク

③ Elegance Collection(エレガンスコレクション)

「Elegance」には優雅や上品といった意味があり、Elegance Collection(エレガンスコレクション)はより上品で高級感のあるモデルが多いです。

Elegance Collection(エレガンスコレクション)には18K ゴールドやダイヤモンドを使ったものも多く、価格も比較的高いものが多いです。

SBGW258
SBGW258
STGK011
STGK011

ちなみに上の「STGK011」はレディースモデルなのですが、なんとダイヤモンドが40個もセッティングされているそうです。


④ Masterpiece Collection(マスターピースコレクション)

最後に紹介するのは、Masterpiece Collection(マスターピースコレクション)です。

Masterpiece Collection(マスターピースコレクション)は、記念モデルみたいな感じで正直別格です。

値段もびっくりするぐらい高いです。

マスターピースコレクションの一番安いモデル(SBGD202)で484万円(税込)ですから、少なくとも私のような普通の会社員にはとても手が出るような代物ではないですね。残念ながら。。

ただ、これを読んで頂いている方の中には、もしかしたらこれぐらいの価格帯で時計を探されている方もいるかもしれませんので、一応マスターピースコレクションの2モデルを紹介しておきます。

SBGD202
SBGD202
SBGZ003
SBGZ003


以上、グランドセイコーの種類について、動力源別とコレクション別に解説してみました。

正直、公式サイトでは分かりづらい部分もあるかと思いますので、できるだけ分かりやすくかつ必要な情報に絞って説明してみました。

グランドセイコーの購入を検討している方にとって少しでも参考になれば幸いです。


タイトルとURLをコピーしました