【後悔しないために】グランドセイコーの欠点・デメリット

グランドセイコーの欠点
スポンサーリンク

オーソドックスなルックスと高級時計ながら20万円台からと手の届きやすい価格で人気のグランドセイコーの腕時計。
一見、デメリットなどないように思えますが、どこかに落とし穴はないのでしょうか?
購入後に後悔しないためにグランドセイコーの欠点・デメリットは把握しておきたいですね。

そこで、本記事では公式サイト等では絶対に教えてくれない、グランドセイコー愛用歴10年の筆者だから言える本当のグランドセイコーの欠点について解説していきます。

 グランドセイコーをレンタル 
SBGP013

SBGP013 税込7,480円/月

  • 月額4,378円(税込)からグランドセイコーをレンタル可能
  • 3ヶ月半額キャンペーン実施中
\高級腕時計のレンタル/
KARITOKE

1. グランドセイコーの欠点・デメリット

重大なものから些細なものまで、筆者が感じたグランドセイコーの欠点は以下のとおりです。

① デザイン
・ロレックスのような華やかさがない
・目立たない

② 認知度が低い
・時計に関心がない人は知らないことも多く、高級な時計と思われないことも多い

③ 価格が高い
・他の国産時計に比べ圧倒的に高価な上に、ここ数年で値上がり傾向

④ 資産価値
・ロレックス投資のように値上がりを期待してはいけない

⑤ ケースが分厚い(スプリングドライブ)
・スプリングドライブは搭載している装置の関係上、ケース(=時計本体)に厚みが出る

① デザイン

デザイン

グランドセイコーの欠点としてまず挙げられるのがデザインです。

グランドセイコーの各モデルは基本的にシンプルなデザインのものが多く、ロレックスのような華やかさがないことが人によっては短所になるでしょう。(勿論、人によっては長所になります。)

同様の欠点として、「目立たない」というのもあります。
主張の強いデザインではないので、良くも悪くもそれほど目立ちません。

個人的にはさり気ないお洒落さがあり、欠点とは全く思いませんけどね。感じ方は人によると思います。
そのためデザインに関しては一般論を鵜吞みにせず、あなたがどう感じるかで判断しましょう。

② 認知度が低い

認知度

グランドセイコーは、時計に関心がない人にはあまり知られておらず、高級な時計と思われないこともあります。
高級な時計と思われる必要があるかといわれると微妙ですが、知られていないというのはグランドセイコーファンとしてはちょっと悲しいですよね。

ただ、最近はグランドセイコーの知名度も国内外問わず徐々に上がってきていますし、時計に少しでも関心のある方にはほぼ間違いなく知られているブランドですので安心してください。

セイコーはグランドセイコーの認知度向上に向けて、広告活動に年々力を入れています。
2018年からはメジャーリーグで大活躍中の大谷翔平選手とサプライヤー契約を締結していますので、大谷選手人気に乗って、今後、海外でもグランドセイコーの認知度はさらに上がっていくのではないかと期待しています。

スポンサーリンク

③ 価格が高い

価格が高い

グランドセイコーは、品質の高さに対して割安(コスパが良い)な高級時計として知られていますが、そうは言っても一番安いモデルでも20万円台~ということで、誰もが手軽に買える価格とは言えません。

1万円台で買えるセイコーコレクションの時計と、20万円台のグランドセイコーのクォーツモデル。時計に詳しくない人からすれば「同じような機能、見た目なのにどうしてこんなに価格差があるんだろう。」と疑問に思われるのも当然でしょう。
職人が手作業で作っているなど高いなりの理由があるのですが、その理由を理解せずステータス性を求めて購入すると、前述のようにグランドセイコーは「知る人ぞ知る」という位置づけの地味な時計ですから、思ったほど周りに褒めてもらえず「失敗した!」と感じるかもしれません

高級時計はなぜ高い?を漫画で学ぶ!

『100万円超えの高級時計を買う男ってバカなの?』というタイトルですが、高級時計を買う人を馬鹿にした内容の漫画ではありません。
この本は、時計専門誌『クロノス 日本版』に掲載された高級時計が高級たる由縁を学べる漫画です。
セイコーの工房見学などの内容も描かれており高級腕時計の入門書としてもおすすめです。

マキヒロチ先生が、日本一時計に詳しい時計ジャーナリストの広田雅将氏の案内のもと、時計にまつわるテーマでさまざまな時計の現場に“大人の社会科見学”に行き、高級時計はなぜこんなに高いのか、その 理由をひとつひとつ解き明かしていく。

グランドセイコーを安く手に入れる方法

グランドセイコーを少しでも安く手に入れたいという方は、中古品を購入するという選択肢もあります。
良くも悪くもグランドセイコーはデザインが大きく変わらないので無理にニューモデルを購入するのではなく、定番モデルの状態の良い中古品を購入するのも賢い選択肢のひとつです。

例えば、以下のSBGV229」というモデルは定価が396,000 円(税込)なのですが、中古品は楽天市場で17万円くらいから販売されています(2021年11月時点)。

SBGV229

楽天で最安価格をチェック

amazonで最安価格をチェック

Yahoo!で最安価格をチェック

「セイコー5」という選択肢

機械式時計に興味はあるけど高級時計を買うほどではない、もしくは予算が足りないという方もいらっしゃるでしょう。
「セイコー5」ならば1万円台から機械式時計を手に入れられますよ。気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

④ 資産価値

「ロレックス投資」なんて言葉を耳にする機会が増えましたが、グランドセイコーもロレックスのように売却価格が購入価格を上回ることはあるのでしょうか?
残念ながらグランドセイコーが定価より高く売れるということは少なくとも2021年時点ではないようです。値上がり目的でグランドセイコーを購入するのはやめておいた方がいいでしょう。

なので、中古品が定価以上で取引されることもあるロレックスと比べると資産価値という観点では短所であると言えるでしょう。

しかし、購入価格を上回ることこそありませんが、グランドセイコーはリセールバリュー(=定価に対する買取価格の割合)が高い傾向にあります。
通常、腕時計の中古買取価格は定価の10分の1前後ぐらいが相場ですが、グランドセイコーの人気モデルの場合は定価の50%ほどで買い取ってもらえる場合があります

以上の話をまとめると、グランドセイコーの資産価値においてはロレックスには現状敵わないが、その他の多くの時計ブランドに比べると優位性があるということです。

なので、もしグランドセイコーを購入後に手放すことになったとしても一定の金額で売却することができるので、思い切って購入するというのも有りかなと思います。


また、時計の資産価値を少しでも高く保つためには時計をなるべく劣化させない(良い状態に保つ)ことが非常に重要です。
腕時計は直接肌に身に付けるものなので、ベルトの隙間に汚れが溜まり、放っておくとサビが生じます。そこで、定期的に柔らかい布で汚れをふき取ることを習慣づけましょう。
きめの粗い布で拭くと傷がつく恐れがあるので、天然皮革を使用した「セーム革」でお手入れするのがマストです。

BloomSesame 天然 セーム革 クリーニングクロス 3枚セット 15cmx15cm

⑤ 分厚い(スプリングドライブ)

これはスプリングドライブのみに関する欠点なのですが、時計本体が「分厚い」ということです。

搭載している装置の関係上、どうしても分厚くなってしまうようですが、分厚いと装着感が良くないと感じる方もいるようです。

実際にスプリングドライブを着けている写真を投稿されている方がいたので、載せておきます。

確かに多少分厚い感じがしますね。
私もスプリングドライブモデルを試着したことがありますが、分厚さはそこまで気になりませんでした。着けてみると意外と気にならない方も結構いるのかなと思いますが、個人差がありますので試着して装着感を確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

2. グランドセイコーの長所・メリット

続いてグランドセイコーの良い点(長所)についても簡単に解説しておきます。
グランドセイコーの長所・メリットについて下記のようなものが挙げられます。

① ブランド力
 ・国内では圧倒的ナンバーワン
 ・知る人ぞ知る「本物の時計

② デザイン

   ・一生使える飽きのこないデザイン
 ・さすが日本製と言わんばかりの丁寧な仕上げ

③ メイドインジャパン(国産)
 ・安心と信頼の日本製

④ 嫌味にならない
   ・周囲の妬みを買わないさりげない贅沢
 ・クワイエットラグジュアリー


① ブランド力

グランドセイコーは世界に通用する国産最高級の時計を目指して作られ、初代グランドセイコーは、歴史ある精度検定スイス・クロノメーター検定規格に国産時計として初めて準拠するものでした。

初代グランドセイコー
初代グランドセイコー/1960
(出典:セイコー公式HP

セイコーはその後もクオーツやスプリングドライブを発表して世界の時計業界を席巻し、現在では国内外から非常に高い評価を受けています。

ロレックスやオメガのような海外有名ブランドとそん色のないブランド力がグランドセイコーにはあり、知る人ぞ知る「本物の時計」です。

スポンサーリンク

② デザイン

グランドセイコーはシンプルなデザインのものが多く、ロレックスのように一目でそれとわかる華やかさ・派手さがないことが人によっては欠点にもなり得ますが、逆に言えば主張しすぎないのでどんなスタイルにも合うという長所とも考えられます。
スーツなどのフォーマルからTシャツのようなカジュアルまでしっくり合う万能なデザインなので
「せっかく頑張って高級時計を買ったのに、派手過ぎて仕事に着けていけない…」
「普段着に合わせると時計だけ浮いてしまう」
というようなよくある高級時計の失敗談とは無縁と言えるでしょう。

また、シンプルさの中にも品があり、高級感が漂うデザインになっています。

少し変わり種のデザインとして、グランドセイコーには以下のようなスポーツコレクションもありますので、遊び心を求めている方やスポーティなデザインがお好きな方はこちらもぜひ検討してみてください。

いずれのモデルにしてもスーツにはもちろんのこと、カジュアルにも合う万能なデザインになっていますので、これ1本でオンもオフも使えます。

参考までにスーツやカジュアルに合わせているグランドセイコー(twitter)を載せておきます↓

こちらの方が身に付けている白い文字盤が美しい時計は「雪白」と呼ばれる一番人気のあるモデルです。気になった方はこちらの記事も参考にしてみてください。

③ メイド・イン・ジャパン

実際にグランドセイコーを使っている人の声を聞くと、グランドセイコーを選んだ理由として「国産だから」と言う意見が驚くほど聞かれます。
ハイブランド独特の雰囲気に「俗物感」を感じてしまう人が国産を選ぶ傾向にあるようで、実際、私も海外ブランドに比べて「硬派」なイメージが決め手となってグランドセイコーを選びました(個人の意見です)。

④ 嫌味にならない

華やかな海外ブランドの時計を身につけていると、目上の人や周囲の反感を買うこともあります。
そんな時、「分かる人には分かる」グランドセイコーならば嫌味にならずに、むしろ年上の人に褒められるでしょう。

グランドセイコーの良い点について、下記の記事でさらに詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

まとめ

以上、グランドセイコーの欠点(デメリット)について解説しました。

購入後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにもグランドセイコーの欠点(デメリット)についてもしっかり認識しておきましょう。


タイトルとURLをコピーしました